1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. スキルアップ☆Illustrator⑤~イラストが描けなくても大丈夫 パスファインダーを使いこなそう!~

スキルアップ☆Illustrator⑤
~イラストが描けなくても大丈夫
 パスファインダーを
使いこなそう!~

投稿日
2020.01.17
更新日
2023.01.25
スキルアップ☆Illustrator⑤~イラストが描けなくても大丈夫 パスファインダーを使いこなそう!~

パスファインダーとは、重なり合ったオブジェクトをくっつけたり切り抜いたりする機能です。
これを使えばペンツールでうまくイラストが描けない人でも、きれいに、しかも素早く描くことができます!
第1回でもオブジェクト作成にパスファインダーを使いましたが、今回はもう少し詳しくご紹介したいと思います。

このページの最後にパスファインダーを使ってWinスクールのマスコットキャラクター「うーいん」を描いている動画がありますので、ぜひ最後までご覧ください!

合体

合体

重なり合った複数のオブジェクトを合体して一つのオブジェクトにすることができます。
合体するオブジェクトそれぞれの「塗り」や「線」の設定が異なる場合、最前面に配置したオブジェクトが基準となります。

前面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜き

重なり合った複数オブジェクトのうち、前面に配置したオブジェクトで背面のオブジェクトを切り抜くことができます。
切り抜きするオブジェクトそれぞれの「塗り」や「線」の設定が異なる場合、最背面に配置したオブジェクトが基準となります。

交差

交差

重なり合う複数オブジェクトのうち、交差する部分だけを残すことができます。
交差するオブジェクトそれぞれの「塗り」や「線」の設定が異なる場合、最前面に配置したオブジェクトが基準となります。

中マド

中マド

重なり合う複数オブジェクトのうち、重なり合う部分だけを切り抜くことができます。
切り抜きするオブジェクトそれぞれの「塗り」や「線」の設定が異なる場合、最前面に配置したオブジェクトが基準となります。

分割

分割

重なり合う複数オブジェクトのうち、アウトライン(線)でオブジェクトを分割することができます。線(オープンパス)でオブジェクトを分割することもできます。

刈り込み

刈り込み

重なり合うオブジェクトで分割しますが、重なりによって隠れている部分がなくなります。
※適用後は線がなくなります。

合流

合流

「刈り込み」と同様に、重なり合うオブジェクトで分割し、隠れている部分がなくなりますが、同色の塗りのある形状は合体します。
※適用後は線がなくなります。

切り抜き

切り抜き

重なり合うオブジェクトの最前面の形状でその下にある全てのオブジェクトを形抜きします。

アウトライン

アウトライン

重なり合うオブジェクトのアウトライン(線)が交差する部分で線を分割します。
※適用後は塗り、線ともに「なし」になります。

背面オブジェクトで型抜き

背面オブジェクトで型抜き

重なり合う背面のオブジェクトで前面のオブジェクトを切り抜きます。

動画による解説はこちら

動画ではパスファインダーを使ってWinスクールのマスコットキャラクター「うーいん」を描いています。
また、機能説明もしていますのでぜひ動画も最後までご覧ください。

いかがでしたでしょうか?
実際にはよく使うもの、あまり使用しないものがありますが、違いを理解し使いこなせるようになれば作業効率やデザインの幅も広がります。
出来上がりの形状から元の図形の組み合わせを考えるのは想像力が必要かもしれません。偶然でもいい感じのオブジェクトができたときはちょっと嬉しかったりします。
工夫次第で様々なイラストが描けるので、まずはいろいろ試して使ってみましょう!

Illustrator講座の受講もぜひご検討ください!