1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 20代・30代・40代の転職でキャリアアップを実現するには?年代別の成功ポイントを解説

20代・30代・40代の転職で
キャリアアップを実現するには?
年代別の成功ポイントを解説

20代・30代・40代の転職でキャリアアップを実現するには?年代別の成功ポイントを解説

転職によってキャリアアップを実現するには、年代に応じた経験とスキルを持っているかどうかが成功のカギとなります。実際に人事担当者が応募してきた人を評価するとき、比較基準となるのは多くの場合、その企業に所属する同世代の社員です。

つまり、転職者は「年相応」の経験とスキルを持っていることが期待されます。

では20代、30代、40代の各年代で求められる能力とは具体的に何なのでしょうか。

この記事では、転職を成功させるための重要ポイントを各年代別に解説するとともに、これからの転職活動に有効なスキル需要をご紹介します。

20代の転職を成功させる重要ポイント

20代の転職はポテンシャル重視の採用傾向があります。説得力のある転職動機を明確に伝えるためにも次の3つのポイントを意識することが重要です。

スキルと経験の積極的な習得

20代の転職においては、多様な経験と専門スキルの習得が重要です。たとえば、新卒で入社したIT企業でプログラミングやデータベースなど、幅広い技術を教わっているとプラスアルファの経験と言えます。

また専門のスクールでWebデザインを学び、実務に応用するなど、新しいスキルの積極的な習得・実践を職務経歴書や面接でアピールすることで説得力が高まります。

ネットワーキングと自己PR

業界イベントへの参加やSNSを活用したブランディングも転職を成功させるコツです。とりわけ業界のミートアップ(※1)やセミナーに参加し、そこで得た知識と人脈を活用して転職先にアプローチすることは効果的と言えます。またSNSを活用し、自分の経験やスキルをアピールすることも良いでしょう。

※1ミートアップとは共通の趣味や分野に興味を持つ人たちが集まって交流を深めるイベントです。

学び続ける姿勢

継続的な学習は20代の転職において必要不可欠です。たとえば、仕事に関わる資格を取得し、その専門知識を生かすことで上司や同僚からの評価が高まります。また業界のトレンドに対して、常にアンテナを張り巡らし、関連する研修やワークショップに積極的に参加することがキャリアアップにつながります。

30代の転職を成功させる重要ポイント

30代の転職は自身の経験を踏まえ、転職先の企業が展開する事業にどう貢献できるかを具体的に表現することが大切です。

専門性の深化

30代の転職では専門性の深化が重要です。仮にマーケティング分野でのキャリアが5年〜10年あるとしたら、その経験を生かしてデジタルマーケティングに貢献できることをアピールするなど、自分自身をエキスパートとしてブランド化しましょう。

30代の転職は、特定の分野で深い知識を持ち、専門家としての地位を確立することが有利に働きます。

成果と実績のアピール

30代は20代をどう過ごしてきたかを見られます。そのため、これまでに関わったプロジェクトでの具体的な成果や貢献度を明確に示し、自身の価値を高めていくことが重要です。

過去の成功事例やプロジェクトでの成果をポートフォリオにまとめ、面接で具体的にアピールできるようにしましょう。

リーダーシップと管理能力

30代になると、チームリーダーとしてプロジェクトを任されることが少なくありません。チームを率いた経験やプロジェクト管理について具体的なエピソードがあれば、それらを紹介することで、リーダーシップとマネジメント能力をアピールできます。

40代の転職を成功させる重要ポイント

40代の転職は、課題解決力やリーダーシップは元より、企業全体への影響力が評価されます。そのため、20代・30代の経験をどう活用するか、また現在のスキルがどう役立てるのかが重要です。

豊富な経験の活用

40代の転職では、長年にわたる経験を活かすことが重要です。たとえば、20年以上の業界経験から戦略的な意思決定に関わることができるなど、長年の経験から得た洞察力と戦略的思考を具体的に説明し、自身の価値をアピールしましょう。

リーダーシップとビジョン

40代ともなれば、過去のリーダーシップ経験と業界に対する深い理解を生かして、新しい会社でのビジョンを提示することが求められます。明確なビジョンとそれを実現するための計画を持ち、熱意を持ったアピールが重要です。

ネットワークの強化

業界内で築いた広範なネットワークを活用することも、40代の転職を成功させるには不可欠です。業界内での関係を維持し、適切なタイミングで推薦を依頼することで、転職先の企業にインパクトを与えることができます。

一方、異業種との人脈も転職後の業務(新規開拓や新しいアイデアの創出)に有効活用できるので、この年代だからこその幅広いネットワークは転職成功の重要ポイントです。

どの年代でも共通するスキル需要

どの年代でも共通するスキル需要

転職は20代・30代・40代と年代によって求められるものが異なりますが、どの年代にも共通するスキルがあります。企業から「ぜひうちに来てほしい」と感じるような魅力的な候補者になるための重要な要素をお伝えします。

年代に関係なく求められる3つのスキル

年代に関わらず企業が欲しがる人材に共通するスキルは、

  • 適応力
  • 柔軟性
  • コミュニケーション能力

です。

とりわけ適応力と柔軟性は、現在の変化の激しい市場において、DX化や新規事業の創出に対応するためには必須と言えます。またステークホルダーとの誤解のない伝達やストレスのないチームワークなど、明確で効果的なコミュニケーションがとれることも重要です。

では一体、これらのスキルを身につけるにはどうすれば良いのでしょうか。その方法の一つでかつ時代背景や将来性から有効なのが、プロジェクトマネジメントスキルです。

プロジェクトマネジメントについて詳しい解説はこちらをご覧ください。
https://info.winschool.jp/detail313/

プロジェクトマネジメントスキルは転職に有利?

プロジェクトマネジメントスキルは転職に有利?

プロジェクトマネジメントの経験やスキルは転職活動において非常に有利と言えます。ここではその理由を深掘りします。

プロジェクトマネジメントスキルの価値

プロジェクトマネジメントの経験は、転職市場において非常に高い価値があります。実際、プロジェクトマネジメントの経験は、計画立案と実行能力・リスク管理・チームの指導と管理・効果的なコミュニケーション能力といったスキルが身につきます。

これらのスキルは今後、DX化が浸透するあらゆる業界や職種で重宝されるでしょう。なぜなら、プロジェクトマネジメントスキルは汎用性が高く、多様な業務への適応や複雑な問題解決に役立つからです。

とりわけ不確実性の高いビジネス環境では、ビジネス戦略への貢献や戦略的思考といった観点から、プロジェクトマネジメントスキルの価値が際立ちます。

こうした理由から、多くの企業はプロジェクトマネジメントのスキルを持つ候補者を高く評価しています。

Winスクールではプロジェクトマネジメントスキルが身につく講座をご用意しております。基礎から学べる講座なので、社会人キャリアの浅い20代の方のスキルアップや30代・40代のリスキリング(学び直し)におすすめです。

↓ ↓ ↓

https://www.winschool.jp/corporate/elearning/prj_management_basic.html

おわりにーー

転職でキャリアアップを実現するためには、現在の年代だけでなく、将来のキャリアも見据えた準備が重要です。30代でのスムーズな転職は、20代での経験に大きく依存し、40代での成功は30代での経験が基盤となります。

今後「転職したい」「転職しなければならない」となったとき、いまの年代だけでなく、次のステージの転職活動のポイントにも目を向けておくことが賢明です。20代の方は30代のキャリア形成を、30代の方は40代でのさらなるキャリアアップを見据え、今のうちに準備を始めましょう。

関連記事